【このようなお悩みをお持ちの方へ】

  • 膝が痛くて歩くのがつらい…
  • 階段の上り下りがつらい…
  • 正座やしゃがむときがつらい…
  • 病院では年のせいといわれ困っている…
  • 悪くなって手術をしたくない…
  • 注射をしたり水を抜いても良くならない…
  • 膝が悪く、趣味や旅行などに不安がある…

膝が痛くて、現在、将来に不安のあるあなたへ

膝の痛みは電気をかけたり、温めたり、筋肉をつけるだけでは基本的に良くなることはありません。

「膝の痛みの原因は、膝だけにあらず」、全身のつながりや連動性を重視した、当院の整体で、お悩みにアプローチしていきます。

【一般的な膝痛の原因】

膝の痛みにも様々な原因があります。原因がハッキリしている膝痛には下記のようなものがあげられます。外傷や病気によるものですが、一例をあげておきます。

  • 半月板損傷
  • 靭帯損傷
  • 骨折
  • 関節リウマチ
  • 化膿性関節炎
  • 腫瘍性のもの

このような疾患がある場合は、専門医を受診し治療を受ける必要があります。

次に、原因がはっきりしないもので、加齢や肥満ともに膝関節の変形を伴い、痛みを発するものです。
この膝痛が一番多く、変形性膝関節症と言われています。一般的な原因は、

  • 加齢
  • 肥満(食べ過ぎ、飲みすぎ)
  • 筋肉の衰え
  • 運動不足
  • O脚X脚
  • 生活環境(膝に負荷かかる)

と言われています。

変形性膝関節症は中年以降の女性に多く、加齢に従い膝のクッションの役割をする軟骨がすり減ったり、関節部が変形するなどして、関節の隙間が狭くなり、痛みや関節水腫(水が溜まったり)が現れます。

初期は、歩き始めや立ち上がりの際の違和感、膝の動かしにくさやこわばり、正座や階段の昇り下りに違和感を感じる程度で、痛みは一時的で少しするとなくなるものが多いといわれています。

少し進行していくと、正座や階段の昇り下りは困難となり、関節部周辺の腫れや熱を持ってくるものも少なくはありません。初期ではすぐに治まっていた痛みも、このころにはなかなか痛みがなくならず、様々な不安も伴います。

これより進行した場合は、歩行、座る、しゃがむなどが明らかに困難となり、日常生活に大きな支障をきたすことが多いでしょう。膝の痛みのため、行動範囲が狭まったり、仕事や趣味、旅行なども制限がかかるようになり、精神的な不安も大きくなります。

一般的な対応策は

  • ストレッチ
  • 筋肉を鍛える
  • 血行をよくする(温熱、電気、マッサージ、はり)
  • 体重のコントロール
  • 運動療法、薬物療法、手術療法

などがあげられます。

私たちゆうわ整骨院の施術では、病院を受診するも「年齢的なもの」、「様子を見ましょう」、「体重を落としましょう」、「筋力をつけましょう」、などと言われたけれど、なかなか良くならない慢性化した膝関節の痛みについて対応させていただきます。

【当院の考える膝痛とアプローチ法】

膝関節の痛みで悩まれる方の多くに、以下の体の特徴がみられます。

  • 骨盤の歪みと硬直(バランスの崩れ)
  • 背骨の歪み(バランスの崩れ)
  • 脚の捻じれ(歪み)
  • 股関節の問題
  • 姿勢の問題

膝痛を訴える方の特徴として、下肢(脚)の捻じれがあげられます。
女性は内股、男性では蟹股の傾向が見られ、そのどちらに関しても、股関節~膝~爪先の向きなどがおかしくなっている方が多くいらっしゃいます。

爪先の向きが変異し、足関節が内に入ってくると靴の外側が減ってくる方が多く、この向きの変化が、膝への負担、骨盤の歪みに連動していきます。

その他にも、太ももや下腿部後面の硬直、内股部分の硬直なども膝には大きな影響を与えます。
特に膝の痛みを抱える方に多いのは、内股部分の硬直が良く見られます。前述しましたが、内股の状態は股関節、骨盤、腰にも大きく関連するため、ここを踏まえた調整が必要となります。

膝関節を作るのは、大腿骨と脛骨(腓骨は脛骨の横にある)となり、骨盤、股関節、脚の捻じれが生じることで、膝から下の問題も生じてきます。足関節や下腿部の状態も膝痛の方の調整には必要となります。

また、腰の状態も膝に影響を与え、腰椎の硬直 ⇒ 股関節への負担 ⇒ 膝への負担
このような順序となり、膝への負担を高めていきます。

姿勢が悪くなり腰が下がると、脚の後ろ側の筋肉が縮んで、脚(膝)が伸びずらくなります。これも膝の痛みを持つ方に多い特徴となります。不良姿勢では胸郭(肋骨)なども下がり、仙腸関節にも歪みが生じ、これが骨盤全体の硬直や歪みにつながると考えられます。

股関節の硬直も、膝に影響を与えます。股関節の前側の硬さがあると、反対側のお尻や脚に縮こまりを生じさせるため、膝の痛みや、腰痛、神経痛などの原因になることもあります。

考えてみてください、膝の曲げ伸ばしをする脚の筋肉、股関節の運動に関する腰、お尻、脚の筋肉が、硬直していれば、膝の位置に異常が生じ、曲げ伸ばしに問題が出るのはイメージできると思います。

当院では姿勢の問題を含め、骨盤、背骨、脚全体、肩甲骨など、全身を調整していくことで、膝関節への負担を軽減させていきます。

一般的には、膝関節周辺をほぐしたり、温めたり、電気を当てたり、はりを打ったりしますが、なかなか良くならないのは、全身の連動性をふまえ施術していないからと当院では考えます。

この全身のつながり、連動性、姿勢分析などを含め、調整を進めるのが、当院の整体となります。
つらい膝関節の痛みに悩まされている方は、是非当院へご相談ください。
現在のお身体の状態を、わかりやすく説明させていただきます。

【当院の施術メニュー】